読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識ゆるい系男子。

ワシの豊富な知識の貯め処

オリンピックの本当の姿。オリンピックの裏で動く本当の開催理由。平和の祭典?スポーツの祭典?そんなポップなもんちゃう。

政治 歴史 都市伝説

f:id:fun9cy:20170111192657p:plain

2016年リオオリンピックも盛大に盛り上がり、

日本人選手の活躍にワシ、567(みろく)も大いに感動しますた。

 

 

ねぇ、それで終わればいいのに。

知ってしまたのだよ。

オリンピックの本当の姿を。

はぁ。政治って嫌いだぜ。

f:id:fun9cy:20161128201635p:plain

 

オリンピックは元々、ギリシャの宗教儀式ですた。

戦争をしてようが、この時だけは戦争をやめてオリンピック参加せい!って事で、

宗教儀式から平和の意味を持つスポーツの祭典として発展していった模様。

 

 

 

 

オリンピックの花形競技の一つ

マラソン

f:id:fun9cy:20170111191149p:plain

 

 

これの語源を知ってますかい?

 

 

マラソンとは、

紀元前499年、ギリシャでなんか紛争起きてたんす。

そのアテネ軍がね、勝利したことを伝令するために、

使者が走った距離が42.195km

 

そしてその戦いの名が“マラトンの戦い”

まぁ、あれや、走れメロスっちゅうことや!

 

1892年にねフランスのピエール・ド・クーベルタンおじさんが

走れメロスの歴史知って、

「スポーツで平和ええやん!最高やん!」

っていう事でオリンピック開始。

 

始まりは良かったさ。

平和の為に始めたけど、

時は乱世。

 

乱世でもねぇけど。

 

第一次世界大戦、二次世界大戦等

 

世界が大きく分裂して、争ってる時代に協力して、

平和を目指す心なんてこれっぽちもない時代。

 

何度も中止を余儀なくされました。

 

開催ままならないそんな中、ある有名な人物が、

このオリンピックというものを大きく変えていったのです。

 

ここから、オリンピックは平和の祭典どころか

真逆の世界的イベントになっていきます。

 

 

さぁその人物とは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

アドルフ・ヒトラー

ドキュメント アドルフ・ヒトラー 狂気の野望 DVD10枚組 ACC-077

 

もう、説明いらんよね。

そう、1936年に開催されたベルリンオリンピック。

そのタイミングで、首相となったヒトラー。

彼は、オリンピックなんぞに興味はなかった。

 

しかし、

「いや、ちょい待てよ。世界から人集まんねんやろ?めっちゃナチスのアピールチャンスやん。ええやん、使えるやん。」

 

ここから、オリンピックは平和とは真逆の軍事利用に使われる祭典として

変貌を遂げます。

 

 

f:id:fun9cy:20170111193642p:plain

聖火リレーとは、

ヒトラーが考え出したものだというのを知っていますか?

彼は何をしたかったかというと、

ルートを見るとすぐわかります。

 

f:id:fun9cy:20170111193817p:plain

 

 

ベルリンオリンピックの聖火リレーのルートは

ギリシャのオリンピアからスタートし、

ブルガリア→ユーゴスラビア→ハンガリー→オーストリア

 

を通って、ドイツのベルリンにたどり着きます。

灯した聖火を各国の人たちで繋いで6か国を走り抜ける

感動的なオープニングアクト。表向きわね。

 

 

 

世界史が好きな方なら、もうお気づきでしょう。

 

このルート、全く同じなんです。

オリンピック後起きた第二次世界大戦のドイツ軍の侵攻ルートと。

 

 

 

そう、ヒトラーは、世界的な感動のイベントを利用して、

ナチスというものを世間に知らしめ、

 

聖火リレーという大義名目を利用して、

5か国を徹底的に調べ上げてたのです。

 

こうやって、ベルリンオリンピック境に、

オリンピックは軍事利用のイベントと化していきました。

 

 

その証拠に、

これ以降、オリンピックのメダルランキングと世界の軍事力ランキングが

類似していきます。

f:id:fun9cy:20170111194744p:plain  f:id:fun9cy:20170111194959p:plain

※日本は正確には軍事力ではないですが、比較の為に。

 

 

僕ら庶民からすると、オリンピックとは、

平和とスポーツの祭典ですが、

 

時の権力者からすると、

オリンピックは、世界各国の軍事力を推しはかる絶好の機会。

 

こうやって、創始者クーベルタン男爵の想いとは、

裏腹に、オリンピックは平和とは真逆のイベントとなっていきましたとさ。

 

因みに、アメリカの軍事力は、

2~10位を足したのと同じくらい。

持ちすぎやで。軍事力。

 

ロシアのソチオリンピックの最中、

 

ロシアは、世間がオリンピックに向いてる間に、

クリミア侵攻といって、隣の小国クリミア共和国をひっそりと攻め、

ひっそりと、ロシアに吸収していきました。

 

こうやって、どんどんオリンピックは平和から逆行していく。

 

 

嫌な世の中だ!!!

なんて日だ!!!

 

そんな世の中でも、日々世界は、平和には向かっていってるんです。

世界にはまだまだ紛争の話は尽きませんが、

 

過去からみれば、年々戦争の数、死者の数は減ってきてます。

 

そんな微かな希望を持ってね、世界がすこしでも平和になる事に貢献できる人間に

なる様に、日々、知識と力を身に着けていきます。

 

因みに、かのヒトラーは、世間に色々残しています。

 

この聖火リレーだけでなく、年金や、切手、肖像権といったものも、

ヒトラーによって、発明されています。

 

良くも悪くも、世界を大きく変えた男ヒトラー。

 

彼が何を持っていたか学ぶことで、世界の平和に貢献できる何かが

見つかる気がする。

 

ちゃんと勉強しようと思います。

 

 

あ、オリンピックといえば、2020年東京オリンピックの

まだ絶対誰も知らない秘密を関係者から手に入れた。

 

でも、しゃべったら殺すよ?(笑)

って言われたんで、言えませんが、いつか言える時が来るのを楽しみに

しておいてください。

 

絶対組織委員ぐらいしか知らない話。

本当に、都市伝説好きとして、家系に心から感謝だな。

 

 

 

信じるな疑うな確かめろ。

 

帰ってきたヒトラー(字幕版)

帰ってきたヒトラー(字幕版)

 
わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)