読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識ゆるい系男子。

ワシの豊富な知識の貯め処

ワールドカップで公式採用されている「野田鶴声社」のホイッスル知ってる?世界が認める日本の技術。

皆さん、考えたこともないと思いますけど、 世界的なイベントでもあるW杯で使われているホイッスルが、 日本の物って知ってた? 嬉しいよねー、W杯で使われているものが日本のモノって言うのは。 まぁ、、色々あって、、(説明は割愛w) いつも通り、詳しくは…

トランプ大統領は本当に差別主義者かい?アメリカでは、逆に差別反対の方向に進んでる気しかしませんが。。。

irorio.jp 素敵なニュース。 本当にね、差別なんてくそだせぇもんが世界から消えることを願います。 そして、 karapaia.com オックスフォード大の研究で、 人種差別する人って、精神疾患なんやて。 差別ではなく、区別はねしっかりやったらええと思うねん。 …

【素敵なニュース】引き取られた「耳のないニャンコ」と不安障害の女性…2つの心の強い絆がジンとくる

Meicent シリカゲル猫 LED雰囲気七色のグラデーション光 USB充電式寝るとき照明ランプ(1200 mAhの充電式バッテリー、12 時間の作業時間)(人気猫) 出版社/メーカー: meicent メディア: この商品を含むブログを見る 特別なケアを必要とする動物を引き取るの…

【素敵なニュース】【博多駅前陥没事故】高島宗一郎・福岡市長の情報発信に称賛の声

福岡本 (エイムック 3192) 出版社/メーカー: エイ出版社 発売日: 2015/09/29 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 福岡市の博多駅前で11月8日早朝に大規模な陥没事故が発生したことを受けて、高島宗一郎・福岡市長が自身のFacebookで最新情報を発信…

【素敵なニュース】学生が連れてきた赤ちゃんをあやしながら授業する大学教授の姿に称賛の声

大学教授という仕事 増補新版 作者: 杉原厚吉 出版社/メーカー: 水曜社 発売日: 2012/10/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 4回 この商品を含むブログ (9件) を見る 子どもを産み、育てる過程では色々な人の協力が必要でしょう。 仕事や勉強と…

【素敵なニュース】ウーマン村本 SMAPファンから称賛の嵐でエゴサーチできず

お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、“日課”と常々公言している“エゴサーチ”ができないと自身のツイッターで語っている。 http://npn.co.jp/article/detail/08284989/

【素敵なニュース】ジョコ 新王者マレーを称賛

男子テニスで元王者のN・ジョコビッチ(セルビア)は7日に自身のフェイスブックを更新し、イギリス人選手で初の世界ランク1位へ上り詰めたA・マレー(英国)に「おめでとう。君は本当に相応しいし、本当に努力し続けた」と称賛した。 news.tennis365.net

【素敵なニュース】これは素敵!白血病の少年が「プロサッカー選手の1日」を体験(Qoly)

サッカー選手としてプロ契約し、メディアでお披露目され、チームメイトたちと練習場で会う…。サッカー少年なら誰もが夢見るストーリーだろう。 そんななか、あるクラブが病と闘う1人の少年の夢を叶えてあげたと『BBC』が伝えている。 qoly.jp スポーツってい…

【素敵なニュース】「大好きです」「感動をありがとう」黒田投手にメッセージ 広島の商店街に巨大パネル(産経ニュース)

25年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献したプロ野球広島カープの黒田博樹投手に感謝の気持ちを伝えようと、市民らが自由にメッセージを書き込める巨大パネルが広島市中区の広島金座街商店街に設置され、黒田投手の現役引退を惜しむファンが次々と訪れている。 …

【素敵なニュース】全身をノリで固められ瀕死の状態だった子犬、救出されて一命を取りとめる(IRORIO)

全身の毛がノリで固まってしまった子犬の衝撃的な写真が話題になっています。 子どもたちのいたずらで… パスカルと名付けられたこの子犬は、子どもたちがふざけてノリの中に沈めたために、こんな状態になってしまったのだそう。 irorio.jp

【素敵なニュース】「ここの家族になりたいんです」行き場をなくした老犬が家の前から立ち去ろうとしない。だがそれは運命の出会いだった。(カラパイア)

その日チェルシー・ロペスは午前1時に車で仕事から帰宅した。 家の駐車場につくと、一匹の大きな黒い犬が車に走り寄ってくるのに気づいた。 見たことのない犬だ。最初は襲いかかってきたのかと身構えた。だが車を降りてみると、すぐに心優しい迷い犬だという…

【素敵なニュース】弁慶もにっこり?福井の新バス停「弁慶の洗濯岩」の設置理由が微笑ましい

「弁慶の洗濯岩行き」地方では人口減少に伴い、バス路線を縮小・廃止する流れが続く。 そんな中、10月から福井市のバス会社が海岸沿いの路線を延長し、新たなバス停を設置した。バス停の名は「弁慶の洗濯岩」。 強そうな名前だが、立てた理由は微笑ましい。 …

【素敵なニュース】カルビー「クレーム客の再購入率95%」 前代未聞の回収対応に称賛の嵐

www.sankeibiz.jp 一般的に食品の回収は、体に危害がおよぶ事態や、法律上の不備がある場合などだが、食感を理由にした回収は前代未聞だ。この対応について、同社お客様相談室の大内肇室長はこう語る。 「2月後半に2件のお問い合わせがあり、調査を開始し…